initium ; auditorium
ConcertsLecturesArtists
My Page
Taku Sato

Taku Sato

Choral Conductor, Ensemble Singer

アンサンブルを専門として、古楽から現代音楽、ポップスや民謡まで幅広いジャンルに挑戦し続ける歌い手。合唱指揮者としては男声合唱、北欧・バルト三国の作品に精通し、新しいレパートリーの提供にいそしんでいる。

近年は日本や世界の民謡・民俗歌唱の実践と研究にも精力的に取り組み、特に日本の民謡(常民のうた)から日本人の本来の「声」を見つけ出すことをライフワークと定めている。

昭和55(1980)年、岩手県西磐井郡(現・一関市)花泉町に生まれる。岩手県立一関第一高等学校音楽部で部長を務め、全日本合唱コンクール全国大会に出場。早稲田大学第一文学部ドイツ文学専修に進学し、在学中は早稲田大学グリークラブ学生指揮者を務め、フィンランド・バルト3国演奏旅行にて指揮デビュー。

2005~06年、イタリア・パドヴァ(Padova)に渡り、Maria G. Munari女史(Rovigo音楽院教授)のもとで声楽を学ぶ。
2006~2008年、World Youth Choir(世界青少年合唱団)の日本代表に選出され、ヨーロッパ各国、南アフリカ、ナミビアを周った。アジアユース合唱団(Asian Youth Choir)にも2度参加(2006、2009年)。

ソリストとして濱田芳通氏率いる古楽アンサンブル・アントネッロ、ラ・ヴォーチェ・オルフィカと共演。『モンセラートの朱い本』、モンテヴェルディ『聖母マリアの夕べの祈り』のテノールソロを務めた。

声楽を捻金正雄、大島博、森一夫、古楽を花井哲郎、特殊発声法を徳久ウィリアムの各氏に師事。

Photo:新村拓哉

佐藤拓「日本民謡と合唱」~ 私たちは民謡をどう歌うか ~

4:21:05

佐藤拓「日本民謡と合唱」~ 私たちは民謡をどう歌うか ~

Taku Sato

“日本民謡の合唱史とその未来”を展望! 合唱曲になった民謡は数多く存在し、現在でも盛んに歌われています。一方で、「合唱の声で民謡を歌ってもいまいちしっくりこない」とか「民謡は難しいような気がして手を出しにくい」と考えている方も多いのではないでしょうか。この講座では、本当の民謡がどんなものであったのかを知り、民謡を題材とした合唱作品の歴史をたどりながら、現代においても民謡がアクティブであると感じられる演奏の在り方について学びます。小山清茂、柴田南雄、間宮芳生、松下耕、寺嶋陸也、信長貴富などの古今の合唱作品を聴き、民謡にふさわしい声と身体を追求する演奏家の実演も合わせて、“日本民謡の合唱史とその未来”を展望します。

¥4,000

佐藤拓「日本民謡と合唱」~ 私たちは民謡をどう歌うか ~

4:21:05

佐藤拓「日本民謡と合唱」~ 私たちは民謡をどう歌うか ~

Taku Sato

¥4,400

Terms

Privacy

Organization

Contact Us

FAQ

Acknowledgement

License Number JASRAC:9024979001Y45037

License Number JASRAC:9024979001Y45037

(c) project initium

This website uses cookies to enhance the user experience.See Detail