0:00 / 0:00

安積道也教会音楽講座1「教会暦とキリスト教合唱作品」第1回

Michiya Azumi
Expiry: 2022/12/10 14:59

合唱のレパートリーに取り上げられることの多い宗教音楽ですが、キリスト教に馴染みの薄い日本人にとっては、その宗教的背景と音楽の結びつきを理解することはなかなか難しいことです。この講座は、ハイデルベルク教会音楽大学合唱指揮科教授・安積道也先生を講師にお迎えし、「教会音楽」について様々な視点から解説いただくものです。ドイツで教会音楽と合唱指揮を学び、国家資格教会音楽家最高位(A級カントール)を取得した、いわば「キリスト教合唱作品のスペシャリスト」による講座は、日ごろ抱いているキリスト教や教会音楽に対する疑問や不安をきっと解決してくれるでしょう。まず第1シリーズでは、キリスト教の暦である「教会暦」とそれに基づいた合唱音楽について5回にわたってお話を伺います。

【講座概要】
コーラスカンパニー主催オンラインセミナー
安積道也教会音楽講座1「教会暦とキリスト教合唱作品」全5回

*2021年8-9月にzoomにて実施された講座の録画に一部編集を加えたものです。


【講師からのメッセージ】

蝉の鳴く中、「もういくつ寝るとお正月」と歌うと何かしらの違和感を覚えます。この違和感はどこから来るのでしょうか。それは私たちが、暦を共有していることに由来します。暦に合わせた歌は、歌われるに相応しい時期があり、その時期に応じた季節感を醸し出します。キリスト教においても暦は重要であり、一年を通して緻密に組み上げられています。とりわけ合唱音楽は暦と密接なつながりを持っており、作品を理解するのに暦の知識が必要になる場合が多々あります。

大雑把にいうと、キリスト教合唱作品は、例えばJ.S.バッハのマタイ受難曲のように暦に従って書かれたものと、ミサ曲のように暦に左右されないものに大別できるといえましょう。

本講座では、キリスト教の暦、すなわち「教会暦」の観点からキリスト教合唱作品を学んでいきます。またいくつかの作品を、教会暦と神学的背景から解説し、作品理解を深めます。ミサ曲やレクイエムのように教会暦に縛られない作品群にも触れていきます。

キリスト教合唱作品について、「この曲は一体何のために書かれた作品なのか」「いつ、どのようなコンテキストで歌われるものなのか」「どうやったら、それを調べられるのか」ということについて知りたい方はぜひご受講ください。

キリスト教の予備知識はいりません。キリスト教全般の話から、現在のドイツで実践されている教会音楽の現場の話も織り交ぜつつ、より具体的なキリスト教合唱作品の実像に迫りたいと思います。(安積道也)



【補足資料】(動画の内容と合わせてご覧ください)

待降節と降誕節の合唱作品例

<待降節>

“Nun komm der Heiden Heiland”, BWV. 61, Johann Sebastian Bach
https://www.youtube.com/watch?v=u4d7M4lb_7c

“O Heiland, reiß die Himmel auf“ op.74,2, Johannes Brahms
https://www.youtube.com/watch?v=prhNnot2Uc8

“Veni, Veni Emmanuel/O come, O come, Emmanuel”, Zoltán Kodály
https://www.youtube.com/watch?v=xRi1GDoaQu4

„Geistliche Chormusik“ op.11 (1648), Heinrich Schütz
待降節: SWV 369, 370, 377,381,382,383,386, 394
降誕節:SWV 384, 385, 395,
https://www.carusmedia.com/images-intern/medien/20/2091200/2091200x.pdf

“Ad te levavi anima meam”
“Rorate caeli desuper”
“Ave Maria gratia plena”

<降誕節>

“Weihnachtsoratorium” BWV 248 J.S.Bach
https://www.youtube.com/watch?v=xlmXSVmsdR8

“Quartre motets pour le temps de noel”, Francis Poulenc
„O magnum mysterium”
“Quem vidistis pastores dicite”
“Videntes stellam”
“Hodie Christus natus est”
https://www.youtube.com/watch?v=cOVAJI7SLXE

“O magnum mysterium”, Morten Lauridsen
https://www.youtube.com/watch?v=GJrXhjt7Gwo

„“Schlaf, mein Kindelein, Arr. Max Reger (Straßburger Gesangbuch 1697)
https://www.facebook.com/watch/?v=1569051899175

„Es ist ein Ros‘ entsprungen“,
Michael Praetorius
https://www.youtube.com/watch?v=7RjAXOcTebI

Hugo Distler
https://www.youtube.com/watch?v=d462Ya2nxMI

“Alleluia”, Randal Thompson
https://www.youtube.com/watch?v=mz9pijkyR8A

“Gloria in excelsis deo”

Program

Total
1:09:26

Artists

Tags

安積道也教会音楽講座1「教会暦とキリスト教合唱作品」第1回

Michiya Azumi
Expiry: 2022/12/10 14:59

合唱のレパートリーに取り上げられることの多い宗教音楽ですが、キリスト教に馴染みの薄い日本人にとっては、その宗教的背景と音楽の結びつきを理解することはなかなか難しいことです。この講座は、ハイデルベルク教会音楽大学合唱指揮科教授・安積道也先生を講師にお迎えし、「教会音楽」について様々な視点から解説いただくものです。ドイツで教会音楽と合唱指揮を学び、国家資格教会音楽家最高位(A級カントール)を取得した、いわば「キリスト教合唱作品のスペシャリスト」による講座は、日ごろ抱いているキリスト教や教会音楽に対する疑問や不安をきっと解決してくれるでしょう。まず第1シリーズでは、キリスト教の暦である「教会暦」とそれに基づいた合唱音楽について5回にわたってお話を伺います。

Terms

Privacy

Organization

Contact Us

FAQ

Acknowledgement

License Number JASRAC:9024979001Y45037

License Number JASRAC:9024979001Y45037

(c) project initium

This website uses cookies to enhance the user experience.See Detail