0:00 / 0:00

歌で楽しむフランス文学漫画《博物誌》

小阪亜矢子

「にんじん」などで知られるフランスの作家ルナールとラヴェルによる歌曲《博物誌》(1906) を漫画化。農村の動物たちの美しくも面白おかしい姿は、人間社会に対する皮肉かもしれない。豪華な音楽と絵で繰り広げるフランス歌曲の世界。

「にんじん」などで知られるフランスの作家ルナールと、近代フランスを代表する作曲家ラヴェルによる歌曲《博物誌》 (1906) を漫画化。
 農村の動物たちの姿を描いたルナールの100編余りの詩集『博物誌』から、ラヴェルは4種類の鳥と1種類の虫を選んで付曲している。動物の姿を牧歌的に表現しながら、人間社会を批判するこの作品は、痛烈でありながら自然と人間に対する愛にあふれたまなざしが感じられる。「歌に伴奏されたピアノ曲」ともあだ名されており、情景は絢爛にして緻密なピアノで描写され、歌はそれを朗読のように淡々と説明する。歌の形を持たない散文詩を歌曲にしたため、楽曲の発表当時はスキャンダルを巻き起こした。
 本年はルナール没後111年記念にあたる。まさに絵本や漫画を思わせるこの歌曲をありのままに演奏し、作画し、演奏付きの漫画あるいは漫画付きの演奏として動画の形に仕上げた。多くの方にフランス歌曲をダイレクトに楽しんでもらえることを願う。
なお、本作は漫画連載の形を取り、1曲(1話)ずつ更新する。


博物誌 Histoires naturelles (1906)
曲 モーリス・ラヴェル Maurice Ravel(1875-1937)
詩 ジュール・ルナール Jules Renard(1864-1910)

1. 孔雀 Le paon
2. こおろぎ Le grillon
3. 白鳥 Le cygne
4. かわせみ Le martin-pêcheur
5. ほろほろ鳥 La pintade


共演
ピアノ:安田正昭
作画:近藤春菜
録音・録画:小藤洋平
助成:東京藝術大学音楽学部若手支援事業


共演者プロフィール

安田正昭(ピアノ)
1967年東京生まれ。5歳よりピアノを始める。
83年東京藝術大学付属音楽高校に入学。84年同高校在学中、第30回マリア・カナルス国際コンクール・ピアノジュニア部門に優勝。
86年東京藝術大学に入学、同年マントヴァフェスティバルに招かれリナルド・ロッシ賞を受賞。88年パリに留学。パリ・エコール・ノルマルのピアノ科高等演奏資格を取得後、パリ国立高等音楽院に入学。ピアノ科、伴奏科、室内楽科各々を、プルミエ・プリを得て卒業。
89年第1回パリ・スタインウェイ・ピアノコンクール優勝。90年フランス国際コンクール、ピアノ部門優勝。モーツァルト特別賞、メシアン特別賞を受賞。92年第6回マルサラ国際ピアノコンクール第5位入賞。95年第24回セニガリア国際ピアノコンクール第4位入賞。96年第10回J.S.バッハ国際コンクール(ライプツィヒ)ファイナリスト。
94年1月に津田ホール、同年7月及び95年1月に浜離宮朝日ホールと3回にわたり、《メシアンに恋して》と題したメシアンプログラムを中心に公演を行い高い評価を受ける。
03年4月、パリから東京へ拠点を移す。08年にはメシアン生誕100年を記念して、ピアノ・ソロ作品連続演奏会を3回にわたって開催する。
そのほか、故諸井誠氏と朝日カルチャーにてベートーヴェンのピアノソナタ全曲講座に演奏出演、毎年2月には東京文化会館にてリサイタルを行っている。10年より毎年ベルリン在住の新井眞澄と「ピアノデュオ-東京 ベルリン」にて共演、東京とベルリンでコンサートを持つ。16年6月にはメシアンの大作、トゥランガリラ交響曲をすみだトリフォニーホールでオーケストラと共演。17年の東京文化会館小ホールでのリサイタルではストラヴィンスキーやベートーヴェン=リスト「英雄」と並んでラヴェル「クープランの墓」の名演を聴かせた。
青木章子、坂井玲子、中山靖子、安川加寿子、ピエール・レアック、イヴォンヌ・ロリオ・メシアン、ミシェル・ベロフ、ブルーノ・リグットの各氏に師事する。現在上野学園大准教授。

PV design 近藤春菜(作画)
武蔵野美術大学卒業後、企業内のグラフィックデザイナーとして勤務。
現在は在宅で、紙媒体を中心としたグラフィックデザイン全般やイラスト制作を行う。
これまでの制作物はCDジャケット、演奏会やイベントなどのチラシ、パンフレット、ショップカードなどの販促物全般、ロゴマーク、カタログ用イラストなど多岐に渡り、特に音楽家からは演奏イメージを的確に表現するデザイナーとして厚い信頼を得ている。
また、PV knotとして、マクラメ編みの小物等の作家として活動中。
Instagramに最新情報等、随時更新しています。

Instagram https://www.instagram.com/pv_design2019

Program

Total
11:29

Artists

Tags

歌で楽しむフランス文学漫画《博物誌》

小阪亜矢子

「にんじん」などで知られるフランスの作家ルナールとラヴェルによる歌曲《博物誌》(1906) を漫画化。農村の動物たちの美しくも面白おかしい姿は、人間社会に対する皮肉かもしれない。豪華な音楽と絵で繰り広げるフランス歌曲の世界。

利用規約

プライバシーポリシー

運営団体について

お問い合わせ

よくあるご質問

謝辞

許諾番号 JASRAC:9024979001Y45037

許諾番号 JASRAC:9024979001Y45037

(c) project initium

このサイトは、ユーザー体験向上のためCookieを使用しています。詳細を見る